それでも数千

簡単に知りたい。バブル経済(わが国では平成3年まで)とは何か?時価資産(例えば不動産や株式など)がでたらめな投機により実際の経済の成長を超過してもべらぼうな高騰を続け、ついに投機による下支えができなくなるまでの経済状態のことである。
まさに世紀末の2000年7月、大蔵省(現財務省)から重要業務である金融制度の企画立案事務を移管したうえで西暦1998年に発足した金融監督庁を新組織、金融庁に改編。翌年の平成13年1月、金融再生委員会は省庁再編により廃止し、現在の姿である内閣府直属の外局としてスタートした。
よく聞くMMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、国債など公社債や短期金融資産で運用する投資信託というものです。取得してして30日未満で解約する場合、手数料になんと罰金が課せられることを忘れてはいけない。
MMF(マネー・マネジメント・ファンド)とは、公社債や償還まで1年以内の短期金融資産で運用し利益を得る投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)である。もし取得からまもなく(30日未満)で解約した場合・・・これは手数料に罰金が上乗せされるというものである。
そのとおり「重大な違反」なのか違うのかは、金融庁で判断することであり、一般的なケースでは、軽微な違反が多くあり、それによる相乗効果で、「重大な違反」認定することになる。
巷で言う「失われた10年」というキーワードは、国全体の、もしくはひとつの地域における経済がほぼ10年以上の長きにわたる不況、加えて停滞にぼろぼろにされた10年を語るときに使う語である。
知っておきたい用語であるFXは、要は外国の通貨をインターネットなどを利用して売買することで利益を出す比較的はじめやすい取引である。FXはほかの外貨取引(外貨預金や外貨MMFなど)に比べても利回りが高く、また為替コストも安いのがポイント。はじめたいときは証券会社やFX会社で始めよう!
西暦1998年6月、大蔵省(現在の財務省)銀行局や証券局等の所掌していた事務のうち、民間金融機関等の検査・監督に係る部分を区分して、総理府(現内閣府)の内部部局ではなく新しい外局として金融監督庁(現金融庁)を発足させたという。
名言「銀行の運営、それはその銀行に信用があって大成功するか、融資するほど価値がない銀行だと認識されたことで失敗するかの二つしかない」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキンの言葉)
よく聞くコトバ、金融機関の能力格付け⇒格付会社が金融機関など含む金融商品または企業・政府などに関する、信用力(支払能力など)を一定の基準に基づいて評価・公表するものである。
難しそうだが、外貨MMFについて。日本国内において売買することができる外貨商品。外貨預金と比較して利回りが良い上に、為替の変動によって発生する利益が非課税という魅力がある。さっそく証券会社で購入しよう。
小惑星探査機「はやぶさ」の帰還が話題になった2010年9月10日、日本振興銀行が誰も予想しなかったことに経営破綻したのある。このため、初となるペイオフ預金保護)が発動することになった。これにより約3%(全預金者に対する割合)、それでも数千人を超える預金者が、上限額適用の対象になったと推測されている。
【用語】保険:防ぐことができない事故により発生した主に金銭的な損失を想定して、同じような複数の者が少しずつ保険料を出し合い、積み立てた資金によって予測不可能な事故が発生した者に保険料に応じた保険給付を行う制度なのだ。
麻生総理が誕生した平成20年9月、米国の最大手投資銀行のひとつであるリーマン・ブラザーズが破綻(日本でいう民事再生)したことに全世界が震撼した。この誰も予想しなかった大事件が全世界を巻き込んだ金融危機のきっかけになったので「リーマン・ショック」と呼ぶようになったのが由来。
であるから「金融仲介機能」と「信用創造機能」加えて「決済機能」の3つの重要な機能を銀行の3大機能と呼び、銀行の本業である「預金」「融資」「為替」加えてその銀行自身の信用によってはじめて実現できていると考えられる。

小澤康二 評判

広告を非表示にする